婚活を始めるもいい人いない

30半ばを目前にして、婚活を始めることにした

30半ばを目前にして、婚活を始めることにした身の丈に合わない相手を求めていた結婚相手を決めるというのは難しいです

婚活をするのはまだ先でいいと思っていたのですが、気づいたときには周りは結婚していて自分だけ取り残されていました。
結婚をしたいという気持ちがあったわけではないものの、一生独身で過ごすのも嫌だったので30半ばを目前にして、婚活を始めることにしたのです。
ところがいざ始めてみると、いい人いない現実に気がつき余計に焦ってしまうことになりました。
女で30を過ぎているというのは、それだけで不利ではありますが、実際に自分と同じ年齢ぐらいで結婚をしている人はいますから、年齢だけで結婚ができないというわけではありません。
しかし、選択肢が大幅に狭まっているのも事実であり、30を過ぎていると言うだけで、かなり市場価値が低いことを痛感させられました。
正確に言えば年齢の不利を帳消しにするだけのアドバンテージを持っていないため、単純に年齢のマイナス分が表面化しているという感じでした。
それでも、相手さえ選ばなければ結婚相手が見つからないわけでもなさそうでしたが、結婚を考えるとこの人で良いのだろうかという気持ちが先に立ち、妥協することができなかったのです。